ストレート矯正

ストレート矯正

縮毛矯正と髪の傷みに対する注意点について

癖毛や縮れ毛などを矯正して形を整える縮毛矯正は美容院やエステサロンなどで受けることが出来ますが、矯正を行う際に薬剤を塗布したり高熱を出す器具を用いることから頭髪に傷みが生じすることがあります。また、縮毛矯正は表皮に露出している頭髪に作用しますが毛根の形状には変化は無いため、頭髪が伸びると矯正の効果が無くなります。そのため、定期的に矯正の処理を繰り返す必要があることから傷みを軽減させる工夫を施すことが大切です。頭髪は外部からの刺激を避けるために皮脂でコーティングされていますが、縮毛矯正に使用する薬剤や器具によって皮脂が剥がされた状態になっています。矯正の処理を行った後はコーティング作用があるシャンプーなどで頭髪を洗浄するように心がけます。また、頭皮に汚れが溜まると血流が悪くなり、抜け毛や枝毛などのトラブルに見舞われることもあります。汚れを取り除いたうえで血流を改善させるマッサージを施すことで、頭髪を矯正処理に耐えられる程の健康な状態に保つことができます。

憧れのストレートヘアに!傷みも気にならない縮毛矯正のすすめ

日本人に多いくせ毛ですが、梅雨の時期や湿気の多い季節など悩む人は多いはずです。今では「くせ毛風」と本来の髪質を生かしたヘアスタイルの提供を美容院や雑誌などで多くみられます。でもやっぱりサラサラのストレートヘアに一度でいいからしてみたいと思う人も多いのではないでしょうか。そこで見違えるほどの何度も触りたくなるような髪質になれるのが縮毛矯正です。一回施術した部分は半永久的に保たれるので、3~6か月位に一度地肌から伸びてきた部分だけをリペアすればサラサラのストレートヘアを保つ事ができます。施術は具体的にパーマのように薬を入れたり、その上からアイロンをかけたりと傷みをきにされる人もいると思いますが、今の技術は素晴らしくとてもきれいに仕上がります。毎朝時間をかけてアイロンやドライヤーで悪戦苦闘する必要はもうありません。もしくせ毛で悩んでる方がいらっしゃったら是非この機会にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

Valuable information

ロジェデュブイ 買取

Last update:2016/6/23

▲ページ上部へ▲